たくさんのことを考えよう

>

ゲストのリストを制作しよう

招待客のリストを作ろう

どんな人を招待するのか、新郎側も考えてください。
名前や住所を記載したリストを作ると、招待状を送るのが楽になります。
知り合いを、好きなだけ呼ぶのは控えましょう。
まず、何人ぐらい招待するのか決めてください。
新郎の知り合いが多いのに、新婦の知り合いが少ないとバランスが悪くなります。
数をなるべく揃えることも意識してください。

また、式場によって収容できる人数が変わります。
式場が決まっているなら、収容人数を忘れずにチェックしてください。
予想している人数より少ない場合は、厳選しなければいけません。
自分の家族や親戚、さらに仕事の上司や友人などを招待するのが一般的でしょう。
招待し忘れないよう、しっかり決めてください。

コスト削減を心がける

結婚式を実施したくても、費用が高額であることが気になっているカップルが見られます、
予算が少ないカップルは、できるだけ費用を削減する方法を使ってください。
おすすめなのは、招待客を少なくすることです。
するとおもてなしの費用が減るので、低コストで結婚式を実施できます。

また本当に仲の良い知り合いだけを招待することで、精神的な負担が減ります。
結婚式はこちらがもてなさなければいけないので、心が疲れてしまうかもしれません。
しかし仲の良い知り合いしかいない空間なら、余計な苦痛を感じることはないでしょう。
身内だけの結婚式を行うと言えば、仕事の上司も納得してくれると思います。
経済面のことも考えて、招待客を決めましょう。


この記事をシェアする

トップへもどる